隠れた名店いまあつい!話題のお店

  • イタリアン
  • スペイン料理

いま注目を集めるホットスポット明石のイタリアン・スペイン料理「欧風カッポウ Ebisui」へ急げ

明石蛸のアヒージョ

JR神戸線「明石駅」南口より徒歩5分の所にある「欧風カッポウ Ebisui」。

イタリアンとスペイン料理で修業を積んだシェフが作る料理が、いま注目を集めています。

 

「欧風カッポウ Ebisui」は、明石の魚を満喫できる店として知られる

「酒菜や ゑびす井」が展開する欧風料理店。

 

明石の地魚にこだわる姿勢をそのままに、地元で獲れる天然魚を

欧州料理に仕上げて提供してくれます。

 

テーブル席8席に、カウンター席6席の小ぢんまりとした店内は

「欧風カッポウ Ebisui」の味を求めるお客さんで連日の賑わいを見せています。

 

味を確かめるべく実食です。

まずは前菜の「明石地魚のカルパッチョ」。

食材本来の魅力がストレートに感じられる逸品。

これから始まる食事に大きな期待が膨らみます。
続くオーダーは「明石蛸のアヒージョ」と「アクアパッツァ」です。

「明石蛸のアヒージョ」には、蛸をはじめ地元の海の幸をふんだんに使われ、

それぞれ異なる食感が絶妙なアクセントを生み出します。

旨味が凝縮されたオイルにバゲットを浸して、白ワインと一緒に喉に流せば思わず笑顔がこぼれます。
そして程なく運ばれてきたのが「アクアパッツァ」。

明石産の鯛を使った贅沢な一品。

味付けは魚の骨から取った出汁と白ワインのみ。

素材の良さがシンプルに伝わってきます。言葉を失う美味しさです。

 

そして「パエリア」です。

明石の鮮魚を中心に、ムール貝などの貝類をふんだんに使用されています。

重めの白ワイン片手に味わいましたが、その美味しさに間違いなし。

仲間とシェアしながら食べれば、その美味しさに話に花が咲くというものです。

 

料理だけではなくワインの品ぞろえも人気の秘密。

欧州から仕入れるワインはスパークリング、白、赤を合わせて常時30種類以上。

ラインナップは定期的に入れ替えられるため、訪れるたびに新しい発見と出会えます。

そんなワインと料理のマリアージュを楽しむのが「欧風カッポウ Ebisui」の流儀、

お気に入りのペアリングを見つけるのも楽しいものです。

 

いま明石で最も熱いと言える「欧風カッポウ Ebisui」。

早速足を運んでその味を体験してください。

 

[店名] 欧風カッポウ Ebisui

[TEL] 070-1821-9990
[住所] 〒673-0884 兵庫県明石市鍛治屋町4-14 明石スリーナインビル6F
[アクセス]
JR神戸線「明石駅」南口より徒歩5分
山陽電鉄本線「山陽明石駅」南口より徒歩5分
[営業時間] 18:00~23:00
[定休日] 水曜日
[ホームぺージ] https://www.sakanaya-ebisui.jp/ebisui2/

PAGE TOP